top > ALFPとは? > フェローになるには

選考基準

1. 北東、東南、南アジアの市民で35才から59才の方
(対象国・地域: インド、インドネシア、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、台湾、韓国、中国、日本、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、東ティモール、フィリピン、ブータン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モルディブ、モンゴル、ラオス)
2. 特定の専門分野や職種に限定していませんが、活動地域において出版物、教育、メディア、表現などをとおして、自分の考えなどを広く一般に伝える発信力とその手段のある人
3. 専門分野での実績があり、その分野で突出したリーダーシップあるいはその潜在性を有する人
4. 専門分野を超えて活動し、今日のグローバル社会がかかえる課題に対して、広い公共性や人道的な視点をもって解決するために尽力している人
5. 異なる考えや文化的価値観を受容する力があり、新しい社会常識や価値を創造する意志がある人
6. 社会一般に発信しつつアジア地域における公正な市民社会を構築するために異なる専門分野、文化的背景をもつフェローと課題を共有し、活動する用意のある人
7. 深く、質の高いディスカッションを行うための英語力を有する人

以下の目的をお持ちの方に特にご応募をおすすめします。

○ キャリアを確立し実績があるが、他の分野や別の発想の方とつながることによって次のステージに行きたい方
○ 社会を変えられると信じているが、その実現のための現実的な手段やつながりを模索している方
○ 社会的課題に対応する活動をしているが、自国内だけでは解決できず、異なる文化背景をもつ同志から学びたいと考えている方

* 以下は本プログラムの目的には合致しません。ご了承ください。

– 学生や若手専門家のためのリーダーシップ養成
– 日本研究
– 個人研究プロジェクトのサポート

*2017年度ALFPフェローの応募書類の締め切りは2016年12月22日(木)です。

2017度ALFP募集要項PDF Icon

2017度ALFP募集要項


ALFPに参加して